借地権について

借地権とは、建物の所有を目的とする土地賃借権や地上権のことを指します。 建物や借地人を保護するために、その権利には存続期間が設けられていますが、 その内容は契約が成立した日付によって借地法または借地借家法のどちらか で定められた内容が適用されることとなります。 ちなみに借地借家法は平成4年8月1日に施行された法律であり、この日より 以前に契約が成立されたものは借地法、この日以降に契約が成立したものは借地借家法 といった具合に判断することができます。

ただし、借地法の適用された借地権に関しては、その後契約の更新などがあったと しても、設定された存続期間などの内容は借地借家法ではなく借地法に定められた ものに基づく形となります。 つまり、契約が成立した時点で適用されている法律の効力はその後も継続すると いうことです。

借地法と借地借家法はどのように異なるのかについてですが、 借地借家法では 借地法には定められていた建物の朽廃などによる借地権の消滅が無いこと、 借地法では区別されていた建物の種類などによる存続期間の設定が無くなり 一律になったこと、さらに更新後の存続期間などの点について、変更になっています。 現在中古市場などに出ている借地権物件には、借地法の適用されているものも 数多くありますので、よく調べてみることが必要となります。 更新時のトラブルなどの避ける意味でも、借地法と借地借家法のどちらが適用されている 借地権であるのかを確認しておくようにしましょう。 ための方法を実践することです。ポイントの効果的な貯め方をまとめ、徹底してクレジットカードを使う努力を怠らないようにしましょう。

▼注目サイト
借地権のとこで何かトラブルになった際に無料で相談できるサイトです ⇒⇒⇒ 借地権 相続

Copyright © 2014 借地権の存続期間 All Rights Reserved.